So-net無料ブログ作成
検索選択

<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)

 全国の裁判所トップが集まって司法行政の課題を議論する「高裁長官、地・家裁所長会同」が9日、最高裁で始まった。竹崎博允(ひろのぶ)・最高裁長官は、裁判員対象事件の公判が始まるまでに時間がかかりすぎている問題について「被告に迅速な裁判を保障するため、公判前整理手続きの機能を高め、速やかな審理を実現することが望まれる」と述べた。

 竹崎長官は冒頭のあいさつで、再審無罪となった足利事件に触れ「科学的証拠の意義、機能について速やかに検討し、結果を広く刑事司法の運用に生かしていかなければならない」と発言した。

 また、多様化する民事訴訟に対処するための知識の習得▽増加する家族間紛争に対する柔軟な取り組み−−などの課題も示し、「従来の運用を漫然と踏襲するだけでなく自らが新たに実務をつくり上げていく気概を持ってほしい」と語った。

 会同は最高裁裁判官や事務総局幹部らを加えて、計約140人が参加し、10日まで行われる。【伊藤一郎】

【関連ニュース
最高裁:拳銃譲渡で無罪を破棄 大阪高裁に差し戻し
キャッツ粉飾:会計士の有罪確定へ 最高裁
土壌汚染訴訟:売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断
「キャッツ」株価操作:60億円粉飾決算、有罪判決確定へ−−最高裁
裁判員裁判:制度違憲を棄却−−最高裁

傷害致死容疑で父逮捕 車中男児遺体「していない」(産経新聞)
1玉20万円のご祝儀相場=でんすけすいか出荷が始まる―北海道当麻町〔地域〕(時事通信)
菅内閣船出早々、民主は大丈夫? 河上衆院議員、本会議1日のみ(産経新聞)
「ITなしに孤独死は防げない」(医療介護CBニュース)
南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)

小4男児が九死に一生 9階から転落も命に別状なし 東京(産経新聞)

 29日午後1時40分ごろ、東京都足立区千住桜木のマンション「グランリオ」の9階(高さ約24メートル)から小学校4年生の男児(9)が誤って転落。マンション内にある高さ約3メートルの木の上に落ちた後、地面に落下し、足を骨折したが命に別状はなかった。

 警視庁千住署によると、男児は同級生3人とマンションの廊下のコンクリート製手すり(約1メートル50センチ)に上って遊んでいたところ、転落した。管理人の男性が119番通報した。

【関連記事】
ベランダから妻落とした男に懲役6年 福岡
タミフル服用死で提訴へ 14歳男子生徒の遺族、愛知
黒部ダムから男性転落死 写真撮ろうとバランス崩す?
ベランダの手すりはずれ、生徒2人落下 茨城の県立高
「としまえん」遊具から15歳少年転落 数m下に
iPadが上陸

<みんなの党>参院選 「カリスマバイヤー」藤巻幸夫氏擁立(毎日新聞)
普天間共同声明 辺野古移設を明記 日米首脳が確認 訓練の国外移転検討(産経新聞)
<自立更生促進センター>反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)
首相、哨戒艦沈没犠牲者に献花 日中韓首脳会談に先立ち(産経新聞)
<自殺防止策>健康診断に精神疾患検査追加へ…厚労省PT(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。