So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は27日午後、滋賀県近江八幡市で講演し、亀井静香金融・郵政改革担当相らが発表した郵政改革案の骨格に関し「(政府は)官の大きな銀行をつくるようなことを考えているようだ。世界から笑われる」と批判した。
 一方、大島氏は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が5月中に決着しなかった場合の鳩山由紀夫首相の責任に関し、「どうぞお辞めなさい。もはや国民のリーダーとは言えない」と述べ、退陣すべきだとの考えを強調した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

B型インフル、検出続く―注意必要と感染研(医療介護CBニュース)
足利事件 再審で菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁(毎日新聞)
広島市、五輪招致断念? 関連予算を削除案、可決も(産経新聞)
【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)
5ダムの本体着工容認=計画通り補助金配分−前原国交相(時事通信)

北海道塵肺訴訟 国の時効認めず 地裁、賠償命令(産経新聞)

 北海道の炭鉱で働き、塵肺(じんぱい)になった患者らが国に損害賠償を求めた北海道新石炭塵肺訴訟で、原告のうち国が時効による損害賠償請求権の消滅を主張した患者や遺族15人の判決が26日札幌地裁であり、中山幾次郎裁判長は、時効を認めず、国に賠償を命じた。賠償額は原告1人当たり約916万〜約476万円。

 15人の提訴は平成20年4月以降で、炭鉱塵肺で国の賠償責任が確定した16年4月の筑豊塵肺訴訟最高裁判決から4年以上経過していた。民法は賠償請求権について「損害や(賠償責任を負う)加害者を知った時から3年間行使しないと消滅する」と規定しており、時効の起算点が争点だった。

 中山裁判長は起算点について「一般人ではなく、被害者が現実に損害賠償請求が可能だと知った時だ」と述べた。

 国は「最高裁判決から1年もあれば、国が加害者であることを認識できたはずだ」として請求権の消滅を主張していた。

【関連記事】
実験中、防塵マスクつけさせず 同大に是正勧告検討
「金属素材研磨で肺線維症に」男性が勤務先を提訴
四輪バギーにアスベスト スズキが回収へ
「石綿で死亡」と四電提訴 遺族が3300万円の損害賠償求める
路上に大量アスベスト 千葉で不法投棄か
あれから、15年 地下鉄サリン事件

社民・福島氏、同意人事「反対だが署名やむを得ず」(読売新聞)
“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが−東京(時事通信)
<爆発>深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし(毎日新聞)
「刺すぞ」と路上で男に刺され、22歳男性死亡(読売新聞)
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。